草手帖 / かわしま よう子 マスキングテープの本 / orange pekoe Organic Plastic Music / ダカフェ日記 / 森 友治 カメラ日和 2008年 09月号 vol.20 / Robe Rouge ~伊藤まさこさんがデザインする、すっきりかわいい大人の服。 / 伊藤 まさこ 世界でいちばん頑張ってる君に(DVD付) / HARCO,山田英治,青木慶則 TALKIN' / 土岐麻子
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 女子モテNo1 * main * 夢見がち >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * * - * -
Love革命

あけましておめでとうございます!
というわけで、革命の初日に行ってまいりましたー。

方々で評判になっているとは思いますが、まあこれが難解な話でして(笑)
Dream Boysの教訓で、ジャニーズの舞台にストーリーを求めちゃいけない、と思っているので、
場面場面で切替えて(場面内では辻褄は合ってると思う)、私はわりと納得してたんだけど、
全体で理解したい隣のひと(横尾のひと)が、すごい飲みこめなかったらしく、たくさん考えてました。
挙げ句の果てに、笑ってました(笑)
いや、でも笑うよね、ちょっとね、ところどころね。

ネタバレ含む感想は下にしまっておきます。そんなに書いてないけれど。

とっつは、頭がわりとまるくきれいになってて、とても上品でかわいかったです♪
えびまいコンあたりでは見られなくなってた、首の振りがたくさん見られたし、
演舞城で消えたと思っていた、裏がえる程に力をこめるセリフの言いまわしもまたあったし、
殿と一緒でにこにこと嬉しそうなとっつもまた見られたし、すごい満足でした!

では、毎度の箇条書きです。

水をくぐれないりょうりょう
殿ととっつとりょうりょうで、水のカーテンみたいなのを使ってパフォーマンスをするんです。
あのカーテンに大きな水玉柄(そこだけ水が無いの)が出てくるので、そこをタイミング良く通り抜ける、
っていうパフォーマンスなんですが、
仕込みなのかそもそもなのか、りょうりょうがまったくタイミングを合わせられず、くぐれなくて!
とっつでさえ、キレイにタイミングはかって通ってるのに、りょうりょうはぐだぐだ(笑)
水が降ってきている時にばかりくぐるもんだから、見事にびしょびしょになっていました。
あれは爆笑だったなあ。りょうりょう、かわいすぎます。

とっつソロコーナー?
↑のパフォーマンスの前だと思うんですが、殿が舞台手前にいる時に、
後でとっつがひとりで歌って踊る場面がありました。殿は歌ってないので、ソロ歌唱!
ちょっと、何これおいしくない?とひとりで興奮する私。隣にはそんなの見てない横尾のひと(笑)
ここでもそうだけど、また手を上にあげてくるくる回るダンスをたくさんやってて、すごいキレイでした。
とっつの回転は大好き!(おそらく本人も好きに違いない)

軍団vs京王(顔で選んだ気がする)
メインストーリーが、殿vs悪者、という構図で。
パンフレットにも載っているのですが、殿チームと悪者チームがキレイにわかれているんです。
ユニットで、ではなくて、たぶんこれは、顔と雰囲気だと思うんだ、私は(笑)
京王コンビを筆頭に、ほわほわとかわいくまるいコたちは殿チーム、
五関軍団全メンバー含む涼しい顔の利発そうなコたちは悪者チーム、なのです。
チーム写真のページ見ると、あったかいのと涼しいの、っていう感じがすごいします。
私は、これ、顔で選んでると思う。顔、というか、顔ににじみ出るキャラというか。
ただひとり、へえ、って意外だったのは宮田かな。宮田、悪者チームなんですよ。ちょっと意外。

りょうりょうが意外とやる
りょうりょうが、歴代の舞台出演者が経験している、死ぬ場面を、大々的にやるのですが、
これが意外と上手でびっくりしました。りょうりょうは器用なんだなあ。
セリフがあるような、お芝居が必要なような舞台は立ったことないんじゃないかな、と思うので、
えびまい、という、わりかしキャリアのあるかたまりと一緒に扱われるようになって、
結構大変なんじゃないのかしら、と思っていたのですが、なかなかどうして。素敵でした。
ストーリー上、りょうりょうが途中で消えてもいいようになっていて(8時以降は出られないから)
そこも、うまいな、と思いました。不自然じゃない。

りょうりょうの立ち位置にのんちゃんとさなだ
そんなりょうりょうが出られなくなる8時以降、突如としてえびまいにまざってくるひとたちが。
気づいた1人目はのんちゃん。
ダンスの場面で千賀のシンメにいたので、たぶんこれは昼ならりょうりょうなんだろうな、と。
ショータイムのリアデラでは、さなだがりょうりょうの位置にいて、
さなだ好きとして異様にテンションが上がってしまいました(笑)
もちろん、とっつメインで見ていたのでそんなにはさなだは見ていないけど、
ちら見させて頂いて(笑)、しっかり堪能いたしましたよー。かわいかったー!
さなだのえびまいも、新鮮で私はかなり好きです(でもさなだがZとして入ってもそれはそれ)

Jr.Boysが新ユニットに?セリフもあった!
セットが邪魔でスクリーンがよく見えず、ユニット名をきちんと把握できていないのですが、
Mis Snowman?とかいうユニット名が、さなだたちとJr.Boysの挨拶時に出ていました。
ん?って思った瞬間に、イニシャルだな、と気づいたのはいいのですが、
ちょっとメンバーが充当しきれず、悩んでいます(笑)
M/宮舘 i/岩本 s/真田 S/佐久間 n/野澤 o/小野寺
w/渡辺 m/? a/阿部 n/?  ね、ふたりほどわかりません。
深沢も舞台にはいたのだけど、入らないのかしら。ナゾがナゾを呼んでいます。
で、このメンバー、ダンスシーンはもちろん、芝居の部分でもセリフがあってびっくり!
ちょっとずつ、このコたちにも舞台修行、ですかね。次世代育成していかないと!

竹林の歌はかっこよかった
怖い悪者軍団(わたわた、五関さま、にかにか…とふみと?)が歌っていた、竹林のシーン(なはず)の歌。
ひとりずつ、同じ様なフレーズを歌いつないでいくような感じの部分があって、そこが好き。
ちょっとダークな感じの曲調で、えびまいっぽくない感じがして新鮮です。

廃墟の歌もかっこよかった
廃墟のシーンで、舞台両端に別れてえびまいが歌う曲。これもかっこよかったです。
とっつが真上で歌っていて、鼻の穴とか見えちゃうなあ…とか思いつつ見ていたのですが、
時折笑ったり、真顔になったりしながら歌っている姿はすごーくかっこよかった!
舞台サイドの鉄筋マンションみたいなとこで歌ってたのですが、歌い終わったあと、
律儀にそこのカーテンをしめている姿が、なんかかわいかったです。

みっくんがグリム童話みたいだった
殿チームの衣装が、カラーテーマが赤(えんじ?)と白で。
童話のよう、というか、中世がテーマのミュージカルみたいというか、な衣装なんですね。
それに金髪が異様に似合っていて、みっくんが、おとぎばなしのひとみたいだったんです。
王子様、とまでは行かないのだけど、シンデレラのガラスの靴探すひと、とかそのくらいの。
とっつは対照的に黒髪で、あまりおとぎなばなしっぽさはありません(でもかわいい♪)
みっくんが、ほんとハマってます。

たいちゃんのピン
右サイドの耳の後くらいを、一本ピンですっととめていたたいちゃん(ちなみに今日は前髪をとめてたらしい)
そのピンが、ピンクっぽく見えて(みーなさん曰く、紫のラメ?だっけ?)かわいいんですよ!
耳の後をとめてる、その頭もかわいいし、私は結構好きでした。かわいかったもん。
でも、結構こずるい役だのに、かわいく登場していていいのだろうか、とは思いますけど(笑)
パーマがふわふわでかわいかったなー、たいちゃん。

またしてもこわいふみと
演舞城で、こわいひとがさすがだったふみみ。革命でもこわいひとでした。
しかも、おそらく、こわいひとのリーダー的存在。ボスではないけど、まとめてるひと?かな。
こわいひとのセリフのいいまわしとかも本当に上手だし、滑舌もいいし、雰囲気がある。
あの短いふわふわ頭で、額に黒いバンダナをしてる姿は、昭和のアイドルみたいに見えなくもないけど、
でも、なんというか、さすがのふみみでした。かっこいいと思う、すごく。
ちなみに、またとっつたちをさくさく殺していきます、このひと(五関さまもー。にかもー。わたわたもー)

ずるたいすけ
こーのひと、ほんとに、舞台というか演技の面ですごい買われてるんだな、って思いました。
役柄が、最初殿チームにいるひと…と見せかけて、途中で悪者に寝返るんです。すごいでしょう?
そういう、ストーリー展開上意味を持った役をやらせてもらえるっていうのが、ほんとすごい。
でも、ちゃっかりしてそうな雰囲気とかあるし、悪者やらせても、ほんと悪いんですよ。
たぶん、みっくんでもしっかり悪いひとやれるとは思うんですけど。
(とっつはどうだろうな…悪いひとっていうか、あやしいひとになりそうだな/笑)
殺陣というか、悪者に殿チームが斬られまくるシーンとかでも、
たいちゃんはしっかり殿に斬られていたし(おいしい)、そこで殿をたすけているのはみっくんだし。
(とっつはそのちょっと前に斬られて、既に死んでいます…)
演舞でおいしかったのは4人だけど、革命ではおそらく、ストーリー的にはたいちゃんonly。
パフォーマンス部分でとっつは確かにおいしいですけど(アイドル♪って感じ)
みっくんもふみみも、他のコに比べれば、というくらいで、群を抜いて、というわけではない感じです。

錦織さんの歌が思いきりうまい
当たり前なんですが、これがベテランというものか、と。すごいキレイなんですよね、高音とか。
殿とふたりで歌うとことか、聞き惚れてしまいました。

宝塚の様な大階段
セットが宝塚!(カウコンの仮面舞踏会に使われてた階段)と思ってしまいました。というはなし。

りょうりょうととっつのシンメ
多数というほどでもないけど、最初に書いた水芸のとこと、ABCのアクロバット的なとこ。
アクロバット的なやつは、説明が難しいのですが、
舞台の上段に、りょうりょう・殿・とっつがいて、
板をはさんでその下に対称的に五関さま・ふみと・塚ちゃん、だったかな?
(ふみとと塚ちゃんの並びが逆かも)
なんというか、上と下が鏡像みたいになってて、つまり下の3人は足を上にした状態で吊られてるんですよ。
上下で、同じダンスをするっていう。下の3人にとってはかなり過酷なパフォーマンスなわけです。
(だってふみとの顔とか、パーツが下によってたし、真っ赤だったもの!)
これを見た瞬間、隣のみーなさんが「戸塚は下に行けないんだ!」と笑ってましたけども(笑)
そこは否定しません。できるとは思うけど、確実にあの3人がやった方が、練習の進行は早いはずだもん。

ショータイムはコンサート
ストーリー部分が終わって、出演者紹介をして幕がしまって。
そこからショータイムなのですが、なぜか周りを見回したら、客席みなさん総立ち。
スタンディングオベーション?とか思ったけど、一向に座らず…。
違和感を感じつつも、ショータイムにとつにゅーして、皆立ったまま一緒に踊ってるんですよ!
えええ?って思って、おそらく最後の最後まで私たちふたりは座ってたんだけど、
どうせなら!と思って立ち上がって、もはやそこからはコンサートでした(笑)いいのかしら。
ただでさえ近い席だったのに、立ち上がったことによって間近で、なんかもうすごい体験。
しかも、滝翼の曲ときたら、Jr.担たるものたいていは踊れますから(笑)すごいもりあがり。
全曲、会場全員が一斉に踊るんだもの、これはもうほんとにすごい光景だったと思います。
びっくりでした。
おかげさまで、ショータイム以外の記憶が大半飛んでいきました(笑)

わっかのとっつが笑ってた
死角で吊られていたので、残念なことに途中で気づいたのですが、
下手にとっつと五関さまがリングを使ってのフライング。
リングの中でもそもそ動いたり、最後はリングにぶらーんとぶらさがる感じになるのですが、
ぶらさがった時のとっつが、なぜか「へへっ」と笑い出し、そのまま笑ったまま去って行きました。
Dream Boysで見た時も、フライングの後半にとっつは笑っていたのだけど、
フライングって何か笑いたくなる出来事があるのか、何かとっつは見ているのか、
見られていることに耐えかねて笑っちゃうのか(他3人は笑わない)不思議です。でもかわいい。

とっつかちゃんの玉乗り。後片付けもラブリー。
えびまいコンでの、世に言う「上下運動」再び、なんです。えびまいコンより長いかな。
とっつが逆立ちをするパートも健在。長いです。
終わったあとに、すたすたとはけていくとっつの後で、
乗っていた玉をゆっくり転がしながら片付けている塚ちゃんが、律儀でかわいかった!
とっつかちゃん、っていうのはまいちゃん命名なんだけど、すごい気に入ってしまった呼び名(笑)

ラブスパイラル健在
ラブスパイラルも健在!
リングのフライングが、とつご/ふみつかだ、っていう新鮮な組合わせだったので(平均体重?)
ラブスパイラルはないのかなー、と思ったんだけど、ありました♪
あれは、見ていて落ち着く数少ないフライングで、大好きです。はらはらしない。

わたわたの準備の早さに脱帽
廃墟かな?のとこで、殿と錦織さんが手品をするのですが、
そこで使う光るボールの準備を、かなり早い段階からしていたわたわた。
おかげで、待機中にそのボールを隠し持ってるポケットが光ってしまってて(笑)
ボールが光る、ということは、暗転するまでわからない、という演出なはずなのに!
そんなボールを使うなんてことは知らなかったので、
わたわたのポケットが光ってたとき、照明ミス?とかすごい考えてしまいましたよ。

さくまくんのダンスがキレイすぎる
ほーんとにきれいすぎる。結構ひとりで踊ったりとか、ステージ前方で踊ることとかも多くて、
さくまくんに注目する機会がたくさんあったように思います。
高校生なの!?って思うくらいに、腕の角度がキレイとか、popが力強いとか、細部がキレイで、
ほんとにスキルのあるコなんだなーとしみじみ。
途中(後半か?)異様にだてがにこにこしながら踊ってるとこがあって、
だて!だて!かわいいな!と思いながら見てました(笑)

さなだ照れる(笑)
ショータイムの時、ちょうど目の前にいたので、みーなさんとじーっと見ていたら、
へへっ、て(笑)
さなだは、いくつかのコンサートでファンサ、というか、
こっちが騒いでるのに反応してくれたことがあるのだけど、
そのすべてが、お手振り、とかではなく、へへっ、です(笑)
そうだよねぇ、ひとまわりも違うおとなにさなだっ!とかいわれてもねぇ(昨日は呼んでないけど)

正面に宮田
最初、キスマイが客席登場して、舞台下にずらり(ABCはどこにいたんだっけ…)
ちょうど、私たちの席の前には宮田が。
すーごい近くで顔見つめてしまって申し訳ない、と思いつつも、見ないともったいない(笑)ので。
美人だったなー、宮田。さすが、最近いけめんなひと!

殿のフライングスキルは半端ない
回転数とか、高低差とか、吊られてる時間の長さとか、技のすごさとか、殿すごい!と思いました。
Dream Boysの亀ちゃんもすごいと思ってたけど、これはもっともっとすごい。比にならない。
さすがです、殿。

びしょびしょ塚ちゃん(にこにことっつ/吹き出すふみと)
最後のフライング。殿が、水のカーテンを突き破りまくりながらフライング(カウコンみたいな)
その殿を受けとめる係が塚ちゃんなのですが、最初、受けとめられずに殿が再び空へ(笑)
そこで、まず笑うふみと。そして、ええっ!てつっこみがちに笑うとっつ。
無事受けとめたはいいんだけど、水のカーテンの中で受けとめちゃったもんだから、
塚ちゃんまでびっしょびっしょに!しかも、そこで熱い抱擁とかかわしちゃうし!
みーなさんと、塚ちゃんの衣装だけビニールとかなんじゃなかろうね、と言ったくらい、
ざぶざぶぬれてました。でもかわいかったー。ABCのリアクションもかわいかったー。


はー。がんばった(笑)
ストーリーは、ほんと難解で。みーなさんはDream Boysよりわからない、と。
(ドリボはたくさん見たからわかる、ってのもあるとは思うけど)
部分部分が演舞だったり、One!だったり、World's Wingだったりで、ん?っていう(笑)
とりあえず、社長が好きなのであろうタッキーの不幸(とされている)生い立ちの話とかもあり。
殿は自分で結構人生切り開いてるし、今は経済的に恵まれてるし、
そんなに不幸っぽさを前面に出さなくてもいいのでは、
と、終演後に語り合ったりしてみました。
片親なんて世の中にいっぱいいるんだよ、社長!と。話題になる度に常に思う、片親のひと。
でも、社長はそういう、不遇な家庭環境みたいなの好きみたいなので、
どうせなら私にも恩恵を、とか思うんですが(笑)ねぇ、片親割引とかほしいよね(私信…?)

ストーリーの話に戻ると、結局、革命って何をしたかったの?っていうのも疑問だし、
LOVEっていうとこがそんなに前面に出てない感じだし、
細かいとことかは挙げてもキリがないのでやめますが(笑)確かに難解でした。
何回か見たらわかるかな…(そういう問題でもなさそうですが)

でも、ストーリーはさておき、場面場面ではとっつ(とか)の活躍がすごい見られるし、
ふみとのこわさとか、たいちゃんの裏切りとか、りょうりょうの死とか、
そういう演技はすごい堪能できると思うし、
レビューっぽいダンスの部分とかは文句なく素敵だし(たいちゃんは賛否両論ですが/笑)
ショータイムすごい楽しいし、殿のエンターテイメント、って感じはすごいします。
後半にいくにつれて、変わってくる部分とかもたくさんあるだろうし、そこも期待!

とりあえず、今日、帝劇に行ってチケットをおさえたので、24日は行く予定です。
まんなかくらいにも、もういっかいくらい行きたいなー、と思うけど、どうなることやら。
* Live * 21:08 * comments(2) * -
スポンサーサイト
* - * 21:08 * - * -
comment area
あけましておめでとー!
久々のコメントになります・・・が、

jaiynaさんのレポは相変わらず、濃い!

滝沢革命、チケットないし行くのやめようかなーと思っていましたが
宮田頑張ってるようだし、宮田が悪役なんてレアだし、
やっぱり宮田に逢いたいから、チケット探そうと思います。
ってことで、中丸より宮田なわたしでした。

フットワークは軽く、がつがつがんばりたい!
今年もよろしくお願いします〜!
* さちぽん * 2009/01/03 10:47 AM *
さちぽん

お返事遅くてほんとにごめんねー!!!!!
今年もよろしくお願いしますー。
で、宮田は見たかね(笑)さりげなく最近イケメンな宮田ねー。

今年はえびまい的に何があるか、まだまだわからないけど、
何かまたおもしろいことがあるといいよねー。
そうでないと、飽きちゃうし!?(笑)
* jaiyna * 2009/01/25 3:39 PM *
comment









profile
categories
selected entries
recent comment
archives
links